トンボのめがね

「トンボのめがね」(コラム)について

「トンボのめがね」の執筆は100号まで小松芳郎さん(深志20回)と伊藤芳郎さん(深志21回)に交互にご担当いただきました。
101号からは伊藤芳郎さんから太田正子さん(深志20回)へ、130号からは水野好清さん(深志26回)へバトンタッチとなり、
引き続き小松芳郎さんと水野好清さんに交互にコラムをご担当いただきます。皆様どうぞ引き続きお楽しみに。

(深志同窓会ホームページ部会)

トンボのめがね

【第227号】成人

トンボのめがね

【第226号】時代錯誤

トンボのめがね

【第225号】多死社会

トンボのめがね

【第224号】才能教育実践小学校の教頭先生

トンボのめがね

【第223号】鉛筆を持たない子供たち

トンボのめがね

【第222号】長野高校の総合的な学習にふれて

トンボのめがね

【第221号】ジェネレーション

トンボのめがね

【第220号】同窓会定時総会できまった一件

トンボのめがね

【第219号】渋沢栄一、松本中学で講演

トンボのめがね

【第218号】銅

このページをシェアする
タイトルとURLをコピーしました